2022年5月7日土曜日

令和4年度日本臨床発達心理士会兵庫支部 総会及び第1回資格更新研修会の開催

日時:令和4年5月7日(土)13時から16時55分


場所:オンライン


2022年度 日本臨床発達心理士会 兵庫支部 総会


 会員数176名 委任状50名、出席者57人に達し総会は成立いたしました。
出席していただきました皆様、委任状の提出をしてくださいました皆様、ご協力ありがとうございました。
 総会は、令和3年度活動報告(令和3年度の兵庫支部総会、資格更新研修会の開催、役員会の開催)、決算報告が承認されました。
 また今年度は役員改選の年であり、新たに3名の新しい役員の紹介及び承認もされました。
 続いて、令和4年度活動計画(案)及び予算(案)、研修会及び役員会の日程が示されました。
 最後に「日本臨床発達心理士会の法人化」について、退任する3名の役員の挨拶もあり総会は終了しました。



2022年度 兵庫支部 第1回資格更新研修会

参加者  兵庫支部  78 名  

 「小児・思春期の起立性調節障害の理解と対応」というタイトルで、関西医科大学総合医療センターの石崎優子先生にご講演いただきました。
 今回の研修のために66枚ものパワーポイントの資料をご用意していただきました。まずはODについて「病態生理」について詳しく説明していただき、特に小中学生の不登校との関係についてお話しいただけました。さらに生活習慣・不活動、加えて現在の治療法や心理療法についてご自身の知見に基づき、詳しくご教授していただきました。
 その中で特にODに関しては運動、水分の摂取など理由も含めて説明していただき、現場の支援者として再認識させられる場面も多くあり、非常に充実した講演となりました。



◎兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。
 また支部からのメールが迷惑メールフォルダに入っているケースが多々見られます。設定を今一度ご確認ください。

2022年2月13日日曜日

 

令和3年度臨床発達心理士会兵庫支部 第3回資格更新研修会

 令和3年度 兵庫支部 第3回資格更新研修会


参加者  兵庫支部   72名  

 「青少年の自傷・自殺と薬物乱用・依存」というタイトルで、国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長 同センター病院薬物依存症センター センター長の松本俊彦先生にご講演いただきました。
 先生は医療現場において薬物依存症に対する臨床に携わり、その中で自傷行為についても様々な視点から研究をされております。
 「自傷行為は死ぬことを目的とする自殺とは峻別されるべき行動である」しかしながら逆説的に死をたぐり寄せるという意味で自殺の危険因子である、特に十代の自傷行為の経験は長期的に自殺リスクを数百倍にまで高めるといったこと、また近年児童・生徒の自殺者数が一貫して増加傾向にあることなど事例を挙げながら詳しく説明していただきました。
 会員からも医師からの講演はすごく刺激になったという意見も多く、臨床発達心理士として多職種連携の重要性を再確認することが出来た研修会となりました。


◎令和4年度 兵庫支部総会 及び 第1回資格更新研修会(1区分)の開催のお知らせ
 日  時  : 2022年5月7日(土)13:00~13:30 (支部総会)
                13:30~16:30 (研修会)
 開催方法: Web zoom ウェビナー (予定)によるリアルタイム配信
   講   師   : 石崎 優子  先生(関西医科大学 関西医科大学総合医療センター小児科 教授)
   テーマ
       「未定 (起立性調節障害についてお話ししていただくようにお願いしております) 」
 
◎兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。

2021年12月5日日曜日

令和3年度臨床発達心理士会兵庫支部 第2回資格更新研修会

 令和3年度 兵庫支部 第2回資格更新研修会


参加者  兵庫支部  68 名  

 「子どもの心の受け止め方 発達支援の現場で大事にしたいこと」というタイトルで、東京都立矢口特別支援学校の川上康則先生にご講演いただきました。
 先生は臨床発達心理、公認心理師、特別支援教育士SVなどの資格をお持ちで、現職の特別支援学校の先生であり、教育現場のニーズにあった講演となりました。
 「発達支援の現場で大切にしたいこと」というまとめをしながらそれぞれの内容について詳しく説明をしていただきました。またそれぞれの話の中にもキーワードをちりばめられ、その説明のために128枚ものパワーポイントの資料をご用意していただきました。そのため理解しやすく、明日からの実践に直接役立つ内容となりました。
 その中で関わり方のポイントとして「今はこういうものと割り切る」「お互いの周波数がauタイミングがくる。それを楽しみに待つ」などのご示唆もあり、支援者への激励もありました。参加者からの感想も「非常に役に立った」「またご講演いただきたい」と非常に高い評価となっておりました。


◎第3回資格更新研修会(1区分)の開催のお知らせ
 日  時  : 2022年2月13日(日)13:30~16:30
 開催方法: Web zoom ウェビナー (予定)によるリアルタイム配信
   講   師   : 松本 俊彦 先生(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 部長)
   テーマ
       「未定 (青少年の自傷・自殺のや様々な依存について、COVID-19の影響などを含めてお話ししていただくようにお願いしております) 」
 
◎兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。

2021年5月8日土曜日

2021年度 臨床発達心理士会 兵庫支部総会・第1回資格更新研修会の開催


日時:令和3年5月8日(土)13時から16時55分

場所:オンライン


2021年度 日本臨床発達心理士会 兵庫支部 総会


 会員数170名 委任状50名、出席者51人に達し総会は成立いたしました。
出席していただきました皆様、委任状の提出をしてくださいました皆様、ご協力ありがとうございました。
 総会は、令和2年度活動報告(令和2年度の兵庫支部総会、資格更新研修会の開催、役員会の開催)、決算報告が承認されました。
 続いて、令和3年度活動計画(案)及び予算(案)、研修会及び役員会の日程が示されました。
 最後に「日本臨床発達心理士会の法人化」についても報告がありました。



2021年度 兵庫支部 第1回資格更新研修会

参加者  兵庫支部  85 名  

 「発達性ディスレクシアの発達的観点に立った評価と支援」というタイトルで、東北大学大学院教育学研究科教育心理学講座の川崎聡大先生にご講演いただきました。
 先生は臨床発達心理、公認心理師、言語聴覚士、特別支援教育士SVなどの資格をお持ちで、療育機関や医療機関での経験もあり、現場のニーズにあった講演となりました。また姫路市の出身でもあります。
 今回の研修のために114枚ものパワーポイントの資料をご用意していただきました。「限局性学習症とディスレクシア理解」では、学習面の躓きの実態、限局性学習症とディスレクシアの定義、読みの情報処理過程と発達という面から実態を丁寧に説明していただき、オンラインの研修会としてはめずらしい参加者が参加しながら進めるという対面参集型の研修会同様の手法で実技ありの研修会でした。さらにディスレクシアの認知機能や実体験、脳イメージングと分子生物的背景の説明、加えて教育現場において最も知りたい内容である評価と支援についても実践例を用いて詳しくご教授いただけました。
 その中で最もよい支援の形態として「当人が配慮されたと感じない配慮」を行うなど、現場の支援者として再認識させられる場面もあり、非常に充実した講演となりました。


◎第2回資格更新研修会(1区分)の開催のお知らせ
 日  時  : 2021年12月5日(日)13:30~16:30
 開催方法: Web zoom ウェビナー (予定)によるリアルタイム配信
   講   師   : 川上 康則 先生(東京都立矢口特別支援学校 主任教諭)
   テーマ
       「 子どもの心の受け止め方 発達支援の現場で大切にしたいこと 」
 
◎兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。

2021年2月23日火曜日

令和2年度第1回資格更新研修会

 日時:2月23日(火)1330分から1630


場所:オンライン

参加者:兵庫支部  76 名  


「児童虐待への関わり方改革 ~心理職だからできること~」というタイトルで、兵庫県立尼崎総合医療センターの毎原俊郎先生にご講演いただきました。

 毎原先生は京都大学医学部をご卒業の後、京都大学医学部付属病院小児科、兵庫県立塚口病院小児科を経て、平成4年に京都大学大学院医学研究科にご進学されました。大学院修了後は公立甲賀病院小児科、日本赤十字社和歌山医療センター小児科、兵庫県立塚口病院小児科を経て、現在は兵庫県立尼崎総合医療センター小児科にお勤めです。日本小児科学会代議員、日本子供虐待医学会代議員をお勤めになり、特定非営利活動法人 性暴力被害者支援センターひょうご 監事、特定非営利活動法人つなごの理事でもあられます。

 当日の研修では、まず初めに児童虐待の基礎知識として、①身体的虐待②性的虐待③ネグレクト④心的虐待⑤代理ミュンヒハウゼン症候群などの説明をこれまでの豊富な経験からご説明されました。続いて多期間連携とネットワーク事業についての問題点を示した上で、兵庫県の現状、尼崎総合医療センターの虐待対応組織について説明がありました。
 さらに児童虐待への心理職の関わりとして①子どもの発達②子どもとの面接③発達障害④親への対応⑤小児期の逆境的体験⑥トラウマとTICCについて心理職に求められている注意すべき点やカウンセリング技法、そして子どものために我々に何ができるか具体的に説明ご示唆いただきました。3時間という時間があっという間に感じるほど内容が素晴らしく、受講後のアンケートにも「具体的な場面が想像できた」「虐待を多角的に理解し、整理するよい機会になった」など受講者からも大変好評でした。

 今回は支部として初めてのオンラインによる研修会であり、何かと手間取ることもありましたが無事に終了することができました。ご協力ありがとうございました。

◎兵庫支部からのお知らせ

 今回の研修会で使用しましたZOOMは日本臨床発達心理士会から兵庫支部が研修会を開催するために借用しました会議用のZOOMでした。そのため参加者確認のために登録番号と名前を表示していただきますとそのまま表示されるシステムでした。今後も日本臨床発達心理士会から借用するZOOMシステムの利用を考えておりますので、登録番号と名前が表示されることがあります。ご了承をお願いします。

 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。

2020年2月19日水曜日

令和元年度兵庫支部研修会 第3回資格更新研修会


日時:215日(土)1330分から1630

 

場所:ラッセホール 地下1階 リリー



参加者:兵庫支部  58 名  他支部  20  名  合計  78 名



 「包括的心理アセスメントと発達支援」というタイトルで、京都市児童福祉センターの古田直樹先生にお越しいただきました。

  古田先生は約35年にわたり臨床発達心理士また臨床心理士として多くの子どもたちや保護者の方とかかわり、アセスメントと発達支援を行ってこられました。「発達障害児と保護者を支える心理アセスメント」等、ご著書も多数出版されており、是非一度、古田先生から包括的心理アセスメントに関するお話しを頂戴したいと考え、本研修会を企画させていただきました。 

 当日の研修では、様々な視点からアセスメントの在り方に関する多くの話題が語られました。以下、印象に残った話題について紹介していきます。まずフォーマル・アセスメントとインフォーマル・アセスメントの違いについての説明では、フォーマル・アセスメントが「あらかじめ用意された<問い>」であり、子どもの継時的変化を捉えたり、十分に熟成された能力を測定したりすることはできるが、ヴィゴツキーが述べているような発達の最近接領域を見ることは難しいことが指摘され、むしろ検査の文脈から離れ、その人を知るための<問い>であるインフォーマル・アセスメントの重要性が語られました。またアセスメントにおいて数値化だけに頼ることの問題についての話では、一回の検査や単一の検査で判断することの危険性について語られました。自閉症に関する話題では、視覚支援が有効な理由として視覚の優位性が良く指摘されますが、実は自分の視点を離れることの難しさから生じる自閉症特有の文脈の共有のしにくさが根底にあり、それが他者との視点共有の困難さにつながるといった説明や、自閉症における因果関係の理解の困難さが、歴史性の喪失と呼ばれる時間の一方向性の理解の障害に起因することなどが語られました。この他にも、療育においては子どもに「この人と遊びたい」と思われる関係性や、言語訓練では「この人としゃべりたい」と思われる関係性をつくることが重要など、臨床家として改めて気づかされる言葉が多く語られました。まだまだ紙面に書ききれない多くの貴重なエピソードやその解説が語られましたが、長年実践家として活躍されてきた古田先生のご経験に即した多くのお話しに深く感銘を受けた研修会でした。



令和2年度兵庫支部総会、第1回資格更新研修会(1区分)の開催のお知らせ(予定)
日時:令和2年5月9日(日)13:15〜16:50
場所:ラッセホール(〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目108)
・兵庫支部総会 13:15〜
・第1回資格更新研修会 13:50〜 

   ※詳細は兵庫支部のホームページ及び電子メールでお知らせします


◎兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。

2019年12月7日土曜日

令和元年度兵庫支部研修会 第2回資格更新研修会


日時:1130日(土)1330分から1630

場所:神戸市教育会館 6階 大ホール

参加者:兵庫支部  67 名  他支部   45 名  合計  112 名





















「自己制御能力・実行機能の発達と支援」というタイトルで、佛教大学教授・兵庫教育大学名誉教授の松村京子先生にお越しいただきました。

 松村先生は日本臨床発達心理士会兵庫支部の前支部長として、本会の発展にご尽力されてこられました。兵庫教育大学を昨年ご退職後、現在は佛教大学において教員養成に携わっておられますが、是非一度、松村先生のお話しを頂戴する機会を設けたいと考え、本研修会を企画させていただくこととなりました。

 先生が研究開発に取り組んでおられる実行機能の向上のプログラムである更新STARTSocial Thinking & Academic Readiness Training:ソーシャル・シンキングと学習準備のトレーニング)プログラムは、現在では兵庫県加西市の全ての幼稚園で取り入れられているとのことで、その内容は加西市のホームページでも紹介されています(http://www.city.kasai.hyogo.jp/01kura/07kyoi/19star01.htm)。


 当日の研修では、まず初めに有名なスタンフォード大学のMischel教授らの「マシュマロテスト」がVTRとともにご紹介され、自己制御能力がその後の人生において占める重要性が説明されました。そして次に自己制御能力と実行機能が子どもの対人関係や学習面に対しどのような影響力をもつかについて、Miyake(2000)の実行機能の3要素モデル「抑制機能・注意の切り替え・ワーキングメモリ」を中心にご説明されました。また自己制御力・実行機能と学習成績の関連についても述べられ、実行機能の高い幼児は小学校入学後も算数・語彙・読みの成績が良いこともデータをもとに説明されました。続いて、実行機能に関連する脳領域とその発達についての解説に移り、実行機能を司る脳領域である前頭前野(前頭連合野)の重要性と脳の発達、特に髄鞘化について詳しいご説明がなされました。そしてそれら実行機能(前頭前野)を育む教育として、ご自身が開発・実践をされているSTARTプログラムを取り上げ、介入研究のデータに基づきプログラムの有効性をご説明されました。そして最後に具体的な介入方法についての話に移り、注意集中のための抑制や情動のコントロールの手法、正しい姿勢を維持するための手法、ワーキングメモリの強化方法などが紹介されました。

心理学的理論から脳科学に至る様々な背景理論について説明された後に、実証的データに基づいた有効性の説明、そして最後に具体的手法についての解説、といった流れでしたので、参加者も非常に納得しやすく、3時間があっという間に過ぎた研修会でした。



◎第3回資格更新研修会(1区分)の開催のお知らせ

日時:令和2215日(土) 13301630

場所:ラッセホール リリー(〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目10−8

    ※当初予定していた神戸市教育会館から会場が変更になっておりますので、

                ご注意ください。

講師:古田直樹先生(京都市児童相談所)

内容:「包括的心理アセスメントと発達支援」

   ※詳細は兵庫支部のホームページ及び電子メールでお知らせします



兵庫支部からのお知らせ
 研修会のお知らせは全てメールとホームページでのお知らせのみとなっております。メールアドレスを変更された場合には、臨床発達心理士認定運営機構ホームページにあります資格情報管理システム<SOLTI>から変更手続きをしてください。